© 2023 by Coach.Corp. Proudly created with Wix.com

株式会社ヤマシン商事

〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-18-6 ヤマシン商事ビル

​TEL:03-3687-0891 FAX:03-3687-0968

サイトマップ

お料理に合った調理の仕方

アク抜き の仕方

れんこんは灰汁(アク)が強い野菜です。

切り口は空気に触れると、すぐ黒くなります(食べても問題はありません)ので、皮をむいて調理に合わせて切ったら、すぐ酢水に付けます。(5分~15分くらい)

酢水につけることで、白く仕上がります。

​また、新鮮なれんこんは酢水に付けず、さっと水につけるだけでも、十分に灰汁抜きができます。

​茹でるときのポイント

れんこんを茹でるときは、お湯にお酢を数滴加えると、白くきれいに仕上がります。

茹ですぎると芋のようなホクホク食感に仕上がります。

シャキシャキ食感で仕上げたいときは、加熱は控えるようにしましょう。​

​炒めるときのポイント

れんこんの炒め物を作るときは、一番最後に入れて炒めるとシャキシャキ食感が残ります。

できれば、調味料などで味を調えてから入れるとよいです。

​※茹でるときのポイントと一緒で、加熱しすぎるとホクホク食感になります。

鉄鍋 は使わないで

鉄製のお鍋やフライパンを使うと、れんこんが黒くなってしまいますので、使うのはさけてください。

​どんな味付けにもぴったり

れんこんは自体は味にクセのない食材です。

甘辛煮・味ポン・コチュマヨ・焼肉のタレ・辛み・中華ベース・みそマヨ・ドレッシング・・等。

どのような味付けにも万能に対応できる食材です。

​是非、普段のお食事にプラスしてみてください。