© 2023 by Coach.Corp. Proudly created with Wix.com

株式会社ヤマシン商事

〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-18-6 ヤマシン商事ビル

​TEL:03-3687-0891 FAX:03-3687-0968

サイトマップ

シャキ・ホク食感を作り出す調理法

​れんこん 一節ごとで違う食感

お料理に合わせた選び方 でもご紹介をした通り、れんこんの先端側はシャキシャキ食感。

下側は、ホクホク食感になります。

​また、中央はシャキ・ホク食感の両方が楽しめます。

​アク抜き の仕方で変わる食感

れんこんを切った後に、酢水につけるとシャキシャキ食感になります。

また、酢水につけることで、れんこんを白く保つとも言われています。

ホクホク食感にしたいときは、お水につけてあく抜きをします。

​ぬるま湯に1分ほどつけると、短時間でホクホク食感になります。

加熱 の仕方で変わる食感

加熱時間が長くなると、ホクホク食感になります。

シャキシャキ食感に仕上げたいときは、茹で時間を短くしてください。

​また炒めもののときは、調味料を入れて味を調えてから、一番最後に入れると、シャキシャキ食感になります。

​れんこんは、シャキ・ホク食感の両方が楽しめる

お料理に合わせてシャキシャキ・ホクホク食感を使い分けると、より一層れんこんのお料理が楽しくなります。

れんこんのサラダやフライ、天麩羅はシャキシャキ食感に。

煮物やはさみ揚げはホクホク食感に。

​お好みでいろいろなお料理をお楽しみください。